日本大腸肛門病学会

大腸肛門病専門医

お問い合わせは、お電話ください

072-252-8484

きれ痔(裂肛)

裂肛(きれじ)のイラスト図

排便時の外傷、下痢が原因となります。慢性化すれば傷口は潰瘍化され、肛門ポリープ、見張りいぼを形成します。

潰瘍が悪化すれば肛門狭窄をきたします。また女性に多く、前後にできやすいです。

症状

痛み、出血、熱感など

治療法

保存療法として、局所の安静と軟膏、消炎鎮痛剤、緩下剤を用いることが大半です。

繰り返す出血、疼痛や強度の肛門狭窄がある場合は、裂肛切除術や、肛門狭窄に対する肛門拡張術、肛門形成術といった治療が必要になることもあります。

CopyRight(C) なかむら胃腸肛門クリニック. All rights Reserved.
メニュー