日本大腸肛門病学会

大腸肛門病専門医

お問い合わせは、お電話ください

072-252-8484

ALTA療法

ALTA療法(ジオン注射)とは、排便時あるいは普段からイボが出たままになっているような「脱出を伴う内痔核」に対して、切らずに注射による治療を可能にしたお薬です。

現在ALTA療法は、内痔核治療法研究会で講習を受けた医師のみができる手技です。薬剤の効果は高く、根治術レベルの治療効果です。

当クリニック院長は、現在まで当院、他院合わせて1000件以上治療を行ってきました

日帰り手術の痔核治療では、ALTA療法は必要不可欠な治療法であると考えています。


ALTA療法(ジオン注射)について

ALTA = Aluminum potassium sulfate hydrate + Tannic Acid

主成分:硫酸アルミニウムカリウム水和物 +タンニン酸(出血や脱出を改善する)
適応:内痔核あるいは、粘膜脱のある粘膜
効果:出血が見られなくなる。脱出や、肛門の腫れがなくなる。

四段階注射法について

四段階注射法のイラスト図

ジオン注射は、ひとつの痔核に対して4か所に分割して投与します。安全に、効果を十分に発揮するためには、適切な量を、適所へ注射することが大切になります。

痛みの少ない領域の治療のため、無麻酔、局所麻酔下にて行うことができます。 ただし、治療効果の高い薬剤である反面、いくらか合併症がみられることがあります。

ALTA療法(ジオン注射)の関連サイト

肛門診療のページに戻る

CopyRight(C) なかむら胃腸肛門クリニック. All rights Reserved.
メニュー